本文へスキップ

放射線防護

米軍放射線生物学研究所と共同研究に合意した特別なベータグルカン

アメリカ陸軍も認め、共同研究も始まっている高い免疫調整作用!

背景
 
 「勲章」というと語弊があるかもしれませんが、今回お伝えする事実は、ベータグルカンが、免疫活性において、いかに高い評価と信頼を得ているかの証拠となるものです。 そもそも私たちの体には、ガン細胞を始め、ウイルスや病原菌など、自らを内外の敵から守る生体機能が備わっています。これが、免疫機能で、この機能を高めることで、ウイルスやガンの攻撃に負けない抵抗力や、闘って打ち勝つ力がつくのです。この免疫活性の指標になるのが、白血球数の増減です。 通常、免疫システムを担うのは、マクロファージや各種のT細胞、NK細胞などの白血球の免疫細胞たちです。 そのため、ガンなどで免疫機能が低下すれば、白血球の数は極端に減少し、体は消耗の一途をたどります。 ベータグルカンは、この免疫システムの司令塔となって闘うマクロファージに直接作用し、連鎖的に各種の免疫細胞たちを活性化します。すると、免疫システムが大きな力で稼動するようになり、減少していた白血球の数も増加に転じるのです。 白血球が増加すれば、体の衰弱も改善されます。ガンの患者さんがベータグルカンを飲むと、ほとんどのケースにおいて白血球数が増加しますが、これは免疫機能が活性されている証しだといえます。つまり、白血球の増加という形で、免疫活性の威力がわかりやすく見えてくるのです。ベータグルカンの高い免疫活性効果を物語る、興味深いトピックスがあります。 ベータグルカンの特許を持つアメリカの製薬会社が、アメリカ陸軍放射線生物学研究所と、さらにヘンリージャクソン米軍医薬開発基金の両者と、ベータグルカンの持つ放射線防御効果実証の合同研究契約を締結したというのです。アメリカ陸軍放射線生物学研究所は1980年代にマウスの実験で、ベータグルカンが準致死量と致死量の放射線被爆に対する抵抗力が増加することを確認しています。 放射線被爆は骨髄を破壊し、外敵と闘う免疫システムの兵隊である白血球を減らすばかりか、作りにくくしてしまいます。ところが、ベータグルカンは、骨髄を刺激して、白血球の数を増加させ、抗感染力を増加させることが明らかにされていたのです。 さらに、今度の新しい実験では、180日間にわたって、動物へのベータグルカンの経口投与による安全性と放射線防護効果、抗感染症効果を確認するとのことです。 この実験が成功すれば、研究チームは共同でベータグルカンの製造を開始し、『官民を国家的災害から守る連邦国家プログラム』として採用することになっているそうです。 また、世界的ニュース配信社のUPIワシントン政治・政策部論説委員のロバート・マギニス氏は、イラクの炭疸菌、ボツリヌス菌、天然痘などの生物兵器工場の存在を明らかにし、バイオテロに備えるためにも、免疫力を高めるベータグルカンの摂取を推奨しています。 ガンはもとより、さまざまな病気に対抗するための大きな力になるのが免疫活性力です。しかし今や、病気だけでなく、テロや戦争にも直面する時代。そんな中で、アメリカにおけるこうした動きは、ベータグルカンに対する信頼と期待がいかに高いものかを裏付けるトピックといえるでしょう。 こうしてパン酵母由来のベータグルカンの働きを見ていくと、化学療法や放射線治療の副作用を軽減したという体験者の方々の声が、たくさん寄せられるのもうなずけます。つまり、ベータグルカンは、放射線や抗ガン剤治療中でも、白血球の減少を食い止めるばかりか、正常値に戻す画期的な働きをするのです。そのため、ガンを撃退するだけでなく、抗ガン剤の副作用を改善し、生活の質(QOL)を高めてくれます。

米軍放射線生物学研究所研究論文 原文紹介








米軍放射線生物学研究所合意声明文 和訳紹介

放射線防護の国際特許を取得したベータグルカン!

放射線防護国際特許

【要約】
本発明は、予防または治療有効量の粒状の生物学的利用能を有するβ (1,3; 1,6)グルカンを投与することにより、免疫抑制およびマクロファージ活性の減少などの放射線および/または化学療法関連損傷および/ または障害を処置および予防する方法に関する。本発明はまた、β (1,3; 1,6)グルカンが完全グルカン粒子、微粒子状β グルカン粒子またはその組み合わせの形態で提供される方法に関する。
J P 2 0 0 6 - 5 0 7 2 3 9 A 2 0 0 6 . 3 . 2
【特許請求の範囲】
予防または治療有効量の粒状の生物学的利用能を有するβ ( 1 , 3; 1 , 6 )グルカン製剤を投与することにより電離放射線、化学療法または放射線および化学療法の組み合わせに傷害を処置および予防する方法。




放射線防護国際特許 日本文原本紹介