本文へスキップ

皮膚・歯科・他

皮膚への応用技術、紫外線を100%防護

ランゲルハンス細胞の濃度が、紫外線のあたっていない濃度に。
サンスクリーンと併用効果が、紫外線を100%防護。

線mmあたりの異角化細胞数の平均は紫外線暴露によって有意に増加した。親油性水溶乳液による皮膚の事前処置による日焼け細胞数に対する影響はなかった。しかしながら、親油性水溶乳液に7-デヒドロコテロールを加えたものでは直線mmあたりの焼け細胞数のおだやかな減少となった。酵母抽出物を含んだ調剤での皮膚の事前処置では日焼け細胞形成62%減少した。市販の日焼け止めを含んだ2種類の調剤はUV照射が誘引する日焼け細胞産生を完全に防護した。(本文中より)

日光防護効果 論文和訳

歯髄炎・歯周病 バクテリア感染症への効能

歯髄炎と歯周病は局部連結組織と骨の損傷を招くバクテリア感染です。これらの感染に対する効果的な宿主抵抗は主に好中球とその他の食細胞によって導き出されます。PGG グルカン(poly-beta 1-6-glucotriosyl-beta 1-3-glucopyranoseglucan)は生物学的反応調整剤で、好中球の生産を刺激してその貪食作用と殺 菌作用を増加させます。

歯科治療 論文和訳

ストレスへの効能

社会的な指導層150人への調査。高度なストレスへの効能効果、緊張緩和、活力、精神錯乱

ストレス・経口・ヒト 調査結果の和訳